お金を借りる。

お金が無い!借りたい!

キャッシング

月々の返済を極限まで抑えてキャッシングを利用するには?

2016/09/25

お金を借りる時・返済する時は、どんなことを考えていますか?

恐らく返済のことを考えるのであれば、下記の2パターンになると思います。

  1. 総額よりも月々の返済額を抑えたい。
  2. 月々の返済額よりも総額を抑えたい。

まず、キャッシングを利用する方が求めていることで、どちらが多いと思いますか?

実際に利用した方ならわかると思いますが、答えは1番です。

そう、月々の返済額を抑えて利用したいんですよね。

その理由としては、キャッシングを利用し、現金を借りるのって、お金に困っている方がほとんどです。

ゆえに、翌月の返済金額が多いと返済してもまた借りることを想定しなければならなくなるケースが非常に多いんです。

よって、月々の返済額を抑えてこれ以上借り入れしないようにする必要があるんですよね。

もし5万円借りることになり、月々の返済額が1万円だったとしたら、どうでしょうか?

額面では返すことができると思いますよね?

でも、実際にこれをやると非常に生活が苦しくなります。

たった1万円なのに、月々の支出が1万円増えるだけなのに、なぜか生活が苦しくなります。

そして苦しいからまた借ります。

そうすると、もう負のスパイラルに巻き込まれることになるわけですね。

こうならないように、消費者金融では月々の返済額を抑えた返済方法を独自に考えています。

例えば、プロミスなら5万円借りた場合、月々の返済額は2,000円~となるため、かなり生活にゆとりが生まれますよね。

モビット、アイフル、アコムも4,000円~で済みますので、1万円返済するよりはかなり楽かと思います。

PROMISE(プロミス)

残高スライド元利定額返済方式

5万円融資の場合…月々の返済額は、2,000円~

月々の返済額が低いため、総額は多くなるものの、生活面での負担が少ないためおすすめです。

特にプロミスはかなり返済金額が抑えられるため、ギリギリの生活を強いられている場合は非常に役に立ちます。

ボーナスと組み合わせて返済計画を立てたいところです。

生活がギリギリの方が利用するなら、消費者金融

もしこれからお金を借りようと思っている方が居れば、これは覚えておいてください。

総額よりも、月々の返済額を抑えた方が返済しやすく、生活への支障が少ない。

たしかに月々2,000円の返済であれば、総額はかなり増えてしまいます。

ざっくり計算すると、15,000円ほど増える可能性があります。

ですが、途中でボーナスなどで一括で返済してしまえばそこまで支払う必要は無くなるわけです。

消費者金融の返済は、通常月はできるだけ抑えて、ボーナスで一括で返済してしまう方法が賢い利用方法と言えます。

カードローンは金利が低く、融資額が大きい反面返済金額が大きく、困ったことにもなりかねません。

もし少額融資を頻繁に利用する可能性があるとお考えの方が居れば、消費者金融を利用することをおすすめします。

-キャッシング