お金を借りる。

お金が無い!借りたい!

キャッシング

5万円をキャッシングするために必要なこと!審査に通るためにと落ちた場合

キャッシングを利用するとしたら、いくら借りますか?

キリが良い金額と言うこともあってか、5万円を借りたいと思っている方が多いようです。

ただ、5万円と言うと、なかなかの金額ですよね。

一見すぐに返せそうだけど、実際に5万円を支払うということになると、すごく大変です。

でも、どうしても必要な時ってあるはずなんです。

そんな時に、どうやってキャッシングで5万円を借りることができるのか、考えてみましょう。

融資限度額はおおむね30万円前後

初めて消費者金融に申し込む場合、限度額はおおむね30万円程度になることが多いです。

つまり、いきなり100万円の融資を申し込むなど、ちょっと金額が大きすぎてできないケースが多いんです。

まず、キャッシングを利用するには審査が必要です。

この審査ですが、信用機関で怪しい履歴(滞納や延滞、自己破産など)が無い限り、審査はパスできると思います。

なお、審査項目には『安定した収入』がありますので、日雇いのアルバイトなど、長期で仕事をし続けるような職業でない限り審査には通りません。

ゆえに、5万円借りるために必要なことは、以下の通りです。

  • 安定した収入
  • クリーンな信用情報

この2点が揃っていれば、おおむね審査には通過できると思います。

それでもできなかった場合は、何か他の原因があるかも知れません。

クリーンなのに審査に落ちる原因

既に年収の1/3以上の借り入れがある。

例えば、携帯電話の料金を滞納したとか、既に多くの借金を抱えている(多重債務)とかですね。

消費者金融は、総量規制の対象となっており、年収の1/3以上の借り入れはできません。

これを超えて借り入れがすでにある場合はそれ以上の借り入れができないことになります。

ここは注意したいポイントですね。

ホワイトリストだった。

今まで借金をしたことが無い方、クレジットカードを使ったことはおろか、作ったことも無い方は、審査に落ちる可能性があります。

いわゆる、信用機関に一切の情報が無い状態、『ホワイトリスト』の人です。

長い人生、一度も借金をしたり、クレジットカードを作ったことも無いというのは稀なことですので、ブラックリスト上がりとしてとらえられるケースもあるようです。

一度の複数の消費者金融の申し込みをした。

消費者金融は、申し込みをして審査をしている地点で信用機関に情報が掲載されると言います。

つまり、複数の消費者金融に申し込んだ場合、それぞれの業者が申し込みを行ったことを把握していることになります。

それだけたくさんの消費者金融に申し込むということは、よほどお金に困っているんだと思われてしまい兼ねません。

それが原因で落ちたという話も聞きます。

審査内容は消費者金融の秘密事項

審査内容は公表していませんので、実際にどのような審査が行われているのかは推測でしかありません。

つまり、落ちる場合もあるということです。

こればかりは運もありますし、申込段階で利用目的に『ギャンブル』みたいなことを書いたとしても審査に落とされるでしょう。

もし審査に落ちた場合は、別の消費者金融を当たってみましょう。

申し込みは1社ずつ行うようにしてくださいね。

-キャッシング